もう失敗しない!甘酒を使った お菓子レシピのコツ【神戸|米粉 グルテンフリー|お菓子教室|オンラインレッスン】

こんにちは^^

砂糖のいらないお菓子教室 エミシャルムの久保田ともみです。

 エミシャルムでは、普段からお砂糖の代用としてお菓子作りに使用している

【甘酒】

米粉やグルテンフリーといった理由だけでなく、

『甘酒や酒粕など、発酵を活かしたお菓子が作りたい!』

と、レッスンに参加してくれる方も 最近ではとても多くなっています^^


そんな【甘酒】を使ったお菓子ですが、

『作ってみたけれど、上手くいかなかった…。』

『甘酒スイーツの成功するコツを知りたい!』

といった失敗談やご質問は、レッスンにご参加されている生徒さんの中でも

【ベスト3】に入るほど、多く頂くお話しの1つなんです。

(初参加の方の7割は 失敗を経験されて、エミシャルムのレッスンに駆け込まれてきます(笑))


そこで、本日は【甘酒スイーツ初心者さん】のために、

【甘酒を使ったお菓子作りのコツ】をご紹介したいと思います^^

甘酒を使ったお菓子 失敗の原因は?

①お菓子作りに合わない 甘酒を使っている

image

甘酒には【お菓子作りに向いている】 ものと

【お菓子作りに向いていない】種類があるのをご存じですか?


まず、甘酒には、

①そのままで飲める 【ストレートタイプ】

②水で薄めて飲む 【濃縮タイプ(原液のもの)】

③酒粕でつくられた【甘酒】

の主に【3種類】のタイプがあります。


①の【ストレートタイプ】は、はじめから水で薄まっているタイプのため、

そのままで飲む場合は問題ないですが、

焼き菓子にお砂糖の代用として使用した場合は、甘みも薄く、

水分量も多くなるため適していません。

image

ストレートタイプの甘酒は、焼き菓子への使用より、

【ゼリーやプリン】

などの冷菓に使用するのがオススメです。


③の【酒粕で作られた甘酒】も砂糖を使用して作られており、

風味も通常の甘酒とは異なるため、オススメできません。

②の【濃縮タイプの甘酒】は原液のタイプになるため、甘さもしっかりとつき、

お砂糖の代用としてお菓子作りに活用することができます。

(※手作りで作られているものも、こちらの【濃縮タイプ】と同様のものになります。)

市販の甘酒をお菓子作りに使用する場合は

【濃縮タイプ】

の使用がオススメです^^
(※原液タイプでも【ストレートタイプ】のようにサラッとした甘酒も販売されています。手作り甘酒と同様の【麹の粒感】のある<ペースト状のタイプ>を使用しましょう。)


②【甘酒だけ】の甘みで作っている

あなたが失敗してしまった そのお菓子、

もしかして【甘酒だけの甘み】で作っていませんか?

クリームやプリンなどを作った場合は、

甘酒だけの甘みでも十分な甘さを出すことができるのですが、

マフィンやクッキーなどの焼き菓子に【甘酒】のみを使用した場合は、

甘みが飛んでしまう傾向があります。

身体のことを思って 「甘酒だけの甘みで作りました!」

といった焼き菓子も多くみますが、

個人的な見解ではあまりオススメはしていません。


本来、お菓子作りにおいて甘味料には【甘さをつける役割】だけではなく、

●焼き色をつける

●生地をしっとりとさせる保湿性

など、甘みをつける以外の役割も持っています。

こういった、他の甘味料の持つ効果も保つためにも、

焼き菓子作りには【甘酒】だけの甘みではなく、

<他の甘味料とのかけあわせ>

がオススメです。


③量を入れ過ぎている

【甘酒だけの甘みで作りたい!】と、つい量を入れすぎていませんか?

とくに米粉の焼き菓子は、一定量の水分量を入れた状態で加熱してしまうと、

デンプン質の米粉が水分と合わさり、

加熱されることによって糊状の状態になってしまうため、

焼きあがった生地が変質を起こしてしまう恐れがあります。


『甘酒を使って米粉で焼き菓子を作ったら、生地がべとっとしてしまった!』

といった経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか?

この場合、甘酒を入れすぎないためにも、上記のように

<他の甘味料との掛け合わせ>

の使用がオススメです^^

その際は、甘酒の量はごく少量に、てん菜糖やきび砂糖などの粉末甘味料の使用が良いでしょう。

焼き菓子と冷菓 どちらに向いている?

①焼き菓子に使用した場合

マフィンやクッキーなどの焼き菓子作りには、

●甘さがでない

●生地が変質を起こす恐れがある

といった理由から、【甘酒だけの使用】はあまり向いていません。

使用する場合は<他の甘味料>と掛け合わせながら、量のバランスを調整しましょう。

砂糖の代わりにと、砂糖と同量の量を【甘酒】を置き換えた作り方も 失敗率が高いため、オススメできません。


②冷菓に使用した場合

image

プリンやアイスクリームなど、

冷菓に使用した場合は、甘みもしっかりと出すことができるため、オススメです^^

カスタードクリームなどのクリーム作りにも向いていますよ♪

ぜひ、甘酒を使ったお菓子作りの参考にしてみてくださいね!


Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA